日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

女子背泳ぎ弱体化の原因? 柔道パワハラ事件影響の憶測も

 お家芸の一つがピンチだ。

 17日、競泳の世界選手権(7月、ブダペスト)の日本代表メンバーが発表され、先の日本選手権で女子史上初の5冠を達成した池江璃花子(16=淑徳巣鴨高)ら男女合わせて18人が名を連ねた。

 日本代表の平井伯昌監督は、世界選手権で男女とも複数種目での表彰台を目標に掲げているが、女子は心もとない。今やエース格に成長した池江(自由形、バタフライ)の実力は突出しているとはいえ、背泳ぎの代表はゼロ。日本選手権で派遣標準記録(50メートル=28秒08、100メートル=1分00秒25、200メートル=2分09秒54)に達した選手が出なかったため、今回は選出を見送らざるを得なかった。

 女子背泳ぎは、2012年ロンドン五輪銅メダルの寺川綾の引退後は低迷。昨夏のリオ五輪では酒井夏海が100メートル、200メートルとも予選落ちしたように、今や日本の弱点種目になっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事