• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日ハム大谷 故障離脱でもメジャーの評価は「高騰」の根拠

 左太もも肉離れで戦線離脱中の日本ハム・大谷翔平(22)。そもそも右足首を痛めて全力疾走できない選手を、なぜ実戦で起用したのかという批判が噴出しているが、一方で今回のケガは本人にとってむしろプラスとの見方がある。

「試合に出てくるのは5月下旬か6月上旬。けれども、右足首痛の原因になっている三角骨を手術で除去するわけではないので、下半身の不安は解消されません。そんな状態で投手にチャレンジすれば、肩や肘まで痛める可能性がある。今季は復帰後も野手に専念することが条件ですが……」と、ア・リーグ東海岸の球団のスカウトがこう続ける。

「大谷の最大の売り物はあれだけ速い球を投げながら、投手としての生命線である肩と肘にいまだ大きな故障がないことです。昨シーズン、約2カ月間、先発から遠ざかった時期に肩か肘を痛めたというウワサが流れたのですが、調べた結果、異常はなかった。花巻東高時代は骨端線損傷を患って1年近く投手ができなかったし、プロ入り後は少しでも不安があれば登板を回避してきた。ただでさえ大谷の肩や肘は他の投手と比べて使い減りしていないうえ、今年1年間、野手に専念すれば肩、肘を休ませることになる。これは大きいですよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  2. 2

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  3. 3

    熊本では逮捕されたが…大阪北部地震でも現れた「愉快犯」

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  6. 6

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  7. 7

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  8. 8

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  9. 9

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  10. 10

    セネガル戦は苦戦必至 日本のキーマンとリスク回避策は?

もっと見る