日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日ハム大谷 故障離脱でもメジャーの評価は「高騰」の根拠

 左太もも肉離れで戦線離脱中の日本ハム・大谷翔平(22)。そもそも右足首を痛めて全力疾走できない選手を、なぜ実戦で起用したのかという批判が噴出しているが、一方で今回のケガは本人にとってむしろプラスとの見方がある。

「試合に出てくるのは5月下旬か6月上旬。けれども、右足首痛の原因になっている三角骨を手術で除去するわけではないので、下半身の不安は解消されません。そんな状態で投手にチャレンジすれば、肩や肘まで痛める可能性がある。今季は復帰後も野手に専念することが条件ですが……」と、ア・リーグ東海岸の球団のスカウトがこう続ける。

「大谷の最大の売り物はあれだけ速い球を投げながら、投手としての生命線である肩と肘にいまだ大きな故障がないことです。昨シーズン、約2カ月間、先発から遠ざかった時期に肩か肘を痛めたというウワサが流れたのですが、調べた結果、異常はなかった。花巻東高時代は骨端線損傷を患って1年近く投手ができなかったし、プロ入り後は少しでも不安があれば登板を回避してきた。ただでさえ大谷の肩や肘は他の投手と比べて使い減りしていないうえ、今年1年間、野手に専念すれば肩、肘を休ませることになる。これは大きいですよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事