日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

平昌五輪後は表現力重視に 浅田真央“早すぎた”現役引退

「気持ちも体も気力も全部出し切った。何も悔いはない」――。

 12日に記者会見し、現役生活にピリオドを打ったフィギュアスケートの浅田真央(26)。今後は「経験したことを忘れずに、笑顔で前に進みたい」と、何らかの形でフィギュアスケートに携わっていくと明かした。

 長らく女子フィギュアスケート界を牽引した浅田の引退には、各界の著名人からねぎらいの言葉が寄せられたが、その一方で「リンクを去るのが早すぎた」とみるスケート関係者は少なくない。

 浅田は引退の理由について、「今のスケート界の時代はすごいので、私自身、ついていけるのかなという思いが強くなったり、気持ちだったり、体の部分で復帰前よりもつらいことが多くなった」と、国内外の若手の台頭を挙げた。ロシア勢を中心とする若手スケーターに太刀打ちできないと判断したのだろうが、ベテランの浅田には彼女たちに対抗できる可能性が残されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事