日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日馬富士の鬼気迫る相撲で病院送りも 稀勢の里は強行出場

 まさかの事件だ。幕内でひとり全勝街道を走ってきた稀勢の里(30)が春場所13日目の24日、横綱・日馬富士(32)に寄り倒されて初黒星。先代師匠の故鳴戸親方(元横綱・隆の里)以来となる新横綱の全勝優勝がパーになったばかりか、左肩付近を負傷して救急車で病院送りになったのだから好事魔多しか、泣き面に蜂か。

 日馬富士に吹き飛ばされた揚げ句、左肩から土俵下へ転落。

 しばらく起き上がれずに、右手で左肩を押さえながら引き揚げる際には痛みで何度もうめき声を発したほど。支度部屋で手当てをした医師によれば、稀勢の里は「痛みがあって(患部を)動かすのが怖い」と言っていたそうだ。

 それにしても、この日の日馬富士は気合が入っていた。すさまじい立ち合いから、もろ差しで一気のがぶり寄り。取組後の本人は「稀勢は大丈夫ですか?」と言いながら、「激しい相撲を取ろうと集中した」と話した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事