日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

新横綱は“金星配球マシン” 稀勢の里に平幕力士が虎視眈々

 平幕が横綱に勝つことを「金星」と呼ぶ。これは単なる名称ではなく、金星1つにつき、本場所ごとにもらえる褒賞金が4万円アップ。れっきとした相撲協会の公式記録として集計されている。

 あまりに平幕に負け続ける横綱は、ファンから「金星配給マシン」などと揶揄されるが、そこで気になるのが新横綱の稀勢の里(30)だ。

 これまで何度も綱とりのチャンスがありながら、平幕への取りこぼしが祟って、先場所ようやく昇進。初場所の1敗は大関琴奨菊のみだが、年間最多勝に輝いた昨年は21敗中、8敗が平幕相手だった。仮に昨年も横綱だったとすれば、8個も金星を配給したことになる。

 1場所平均で計算すれば、1.3個。これは少なくないどころか、非常に多い。金星配給数が歴代8位タイの日馬富士でさえ、26場所で31個、平均すれば1.2個だ。いかに稀勢の里の取りこぼしが多いか、わかるというものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事