日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

稀勢は眼中なし? ライバル部屋に出稽古の白鵬は高安警戒

 異例も異例だ。

 12日に初日を迎える3月場所に備え、田子ノ浦部屋で連日汗を流している新横綱の稀勢の里(30)。そこに突如、現れたのが横綱白鵬(31)である。8日に出稽古に訪れると、稀勢の里と高安相手に稽古を行った。

 これには見学のファンはおろか、報道陣も驚くことしきり。白鵬が田子ノ浦部屋に出稽古に来るのは、名称が「鳴戸部屋」だった11年以来、5年半ぶりだ。

 当時は自身の連勝記録を止められるなど、稀勢の里相手に苦戦を強いられていた。最近も昨年の7月場所から3連敗。先場所は土俵際に追い詰めながら、残されて逆転負けを食らった。

 白鵬自身は「高安とやりたかったから」と話していたというが、それは横綱なりの照れ隠し。本心では新横綱目当てだったのではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事