<最終回>自分たちの暮らしは自分たちで

公開日:  更新日:

「母さん、いつまで働くの?」

 大谷があるとき、母親の加代子(51)にこう言った。

 加代子は大谷が小学校に入ると同時に、水沢市内の飲食店でパートを始めた。週に4~6日、午前中に入って4時間働くときもあれば、8時間の日もある。自宅で家事もこなしたうえで、週末ばかりか平日もグラウンドに足を運び、陰ながら大谷を支えた。

 父親の徹(52)は車のボディーメーカーに勤務。車体を造るラインに携わっている。勤務は昼夜2交代制。いまは昼中心だが、頼まれれば夜も出る。週末は大谷の通った水沢リトルと一関シニアで監督、コーチを務めた。夜勤明けは一睡もせず、グラウンドに出掛けた。

 大谷はそうやって両親が汗をかいたおかげもあって、契約金1億円のプロ野球選手に。年俸はプロ3年目で1億円の大台に乗った。本人にはこれまで両親に苦労をかけてきたという自覚があるからこそ、恩返しがしたい、母親の分くらいは自分が稼ぐという意思表示をしたのだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る