【秋華賞】サラキア池添学師直撃「すべて噛み合えばチャンスも」

公開日: 更新日:

 サラキアはチューリップ賞、フローラSともに④着で、春2冠には出走がかなわなかった。しかし、秋はローズS②着で最後の1冠にゲートイン成功。アッといわせることができるか。陣営に聞いた。

 ――今週はCウッドで単走でした。

池添学調教師「全体時計を気にせず、気持ち良く走らせました。多少行きたがる面があっても、抑えが利いて、しまいの伸びは良かったですね。ちょっと促しただけでギアが変わっていた」

 ――春との違いは。

「あの頃はカイバ食いが悪くなり、しぼむところがありました。でも、ひと夏を越して、張りが出て実が入ってきた。春は無理させず、成長を妨げないようにやってきました」

 ――トライアルのローズSは②着でした。

「あの週の阪神は内の前が有利な中、しっかり外から伸びて②着。これまではゲート内でソワソワしてたのに、落ち着いていて、今までで一番スタートも良かったですね」

 ――京都内回り二千に替わります。

「直線が平坦なのはプラスに働くと思います。2走前には小回りの小倉で自分から動いて勝っている。スタートが課題になりますが、その辺はジョッキーに任せます」

 ――相手は揃います。

「強い馬がたくさんいますね。アーモンドアイより後ろだと厳しいと思います。最初のポジションが重要。ここまで凄く順調ですし、すべて噛み合えばチャンスも」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  5. 5

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  6. 6

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  7. 7

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  8. 8

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

  9. 9

    菅田将暉「3年A組」好調の深い意味…日テレの新看板枠に

  10. 10

    日テレが大博打 原田知世&田中圭で“2クール連続ドラマ”

もっと見る