アーモンドアイだけじゃない 今週は国枝厩舎が馬券の肝?

公開日: 更新日:

 今週の主役は何といっても美浦・国枝厩舎だろう。アーモンドアイで臨む秋華賞では史上5頭目の3冠牝馬のタイトルを狙うからだ。

 今年はここまで34勝を挙げて、キャリアハイをマークした昨年の48勝に迫る勢い。厩舎に大将格がドーンといれば、相乗効果で他馬もボトムアップしていくケースは決して珍しくない。

 実際、重賞とオープン特別では今年〈85224〉、連対率・333の好成績を残している。

 その勢いに乗っているのが、土曜のGⅡ府中牝馬Sに出走するフロンテアクイーンだ。

 格上挑戦した昨年末のターコイズSで②着すると、今年は中山牝馬S、クイーンSでともに②着と重賞で好走を繰り返している。特に前走は心房細動明けの一戦で、GⅠ馬らを相手の接戦は高く評価できる。

 水曜の最終追いに乗った蛯名は「一息入って少し馬体に余裕があったけど、これで変わってくるだろう。走る気持ちがあったし、問題ない」と感触は上々。重賞での②着はすでに5回も。今度こそは待望の重賞Vに期待したいところだ。

 ほかにも現級勝ち実績のあるミッキークロス、休み明けになるがダイワスカーレットの娘という良血馬ダイワメモリー、前走1番人気⑦着から巻き返しを狙うタンタフエルサなど、粒揃いのメンバーがスタンバイ。アーモンドアイ以外の出走馬も軽視は禁物だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  5. 5

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  6. 6

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  7. 7

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

  8. 8

    3月の侍J入りも辞退 巨人に“丸効果”ジワリで指揮官も賛辞

  9. 9

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  10. 10

    菅田将暉「3年A組」好調の深い意味…日テレの新看板枠に

もっと見る