武田昌已
著者のコラム一覧
武田昌已

月~金は麻雀、土日はウインズだった学生生活を経て、入社後は編集一筋20年超。2015年春は何と9週連続重賞的中の快記録も達成し、2016年は春東京でGⅠ4連勝も。馬場の傾向、ラップの分析に定評があり、ついた名前が「数字大王」。GⅠウイークにはデモクラTVのコメンテーター担当。

【土曜新潟11R・新潟日報賞】夏に強いローエングリン産駒から2頭を推奨

公開日:  更新日:

 2日(木)発行の「馬券ゼミ」で取り上げた種牡馬ローエングリン。地味な存在ながら、現在プチブレークしている。

 初年度産駒のデビューは11年で、2年目には朝日杯FSの勝ち馬ロゴタイプを輩出。それでも15年までは年間の勝ち鞍がひとケタだったが、16年には13勝に乗せて、17年は16勝。そして、今年は先週までに21勝を挙げている。

 特にここにきての勢いは凄い。春競馬終了時点では10勝だったが、夏競馬では何と11勝を上積みしてきた。

 しかも、夏競馬の芝は〈67424〉、連対率・317。ディープインパクトの・313、ロードカナロアの・304を上回っている。

 そこで土曜は新潟の後半からローエングリン産駒の2頭を推奨する。



【新潟11R・新潟日報賞】

 ヴゼットジョリーは一昨年の新潟2歳Sの勝ち馬。暮れの阪神ジュベナイルFでも⑤着に健闘した。

 3歳時は休み休み使っていたこともあり、成績は上がらなかったが、夏競馬になって一千万条件に2階級の降級。月岡温泉特別では上がり3Fが10秒9―10秒5―11秒4という、究極の瞬発力勝負を制した。

 父はもともと先行力を生かして重賞を4勝。それを思えば、内回りに替わるのもプラスになると思える。

【土曜新潟12R】

 2戦目で激変したオルトルート。同じ左回り、直線の長いコースのマイル戦なら。

 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る