• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
武田昌已
著者のコラム一覧
武田昌已

月~金は麻雀、土日はウインズだった学生生活を経て、入社後は編集一筋20年超。2015年春は何と9週連続重賞的中の快記録も達成し、2016年は春東京でGⅠ4連勝も。馬場の傾向、ラップの分析に定評があり、ついた名前が「数字大王」。GⅠウイークにはデモクラTVのコメンテーター担当。

【土曜新潟11R・新潟日報賞】夏に強いローエングリン産駒から2頭を推奨

 2日(木)発行の「馬券ゼミ」で取り上げた種牡馬ローエングリン。地味な存在ながら、現在プチブレークしている。

 初年度産駒のデビューは11年で、2年目には朝日杯FSの勝ち馬ロゴタイプを輩出。それでも15年までは年間の勝ち鞍がひとケタだったが、16年には13勝に乗せて、17年は16勝。そして、今年は先週までに21勝を挙げている。

 特にここにきての勢いは凄い。春競馬終了時点では10勝だったが、夏競馬では何と11勝を上積みしてきた。

 しかも、夏競馬の芝は〈67424〉、連対率・317。ディープインパクトの・313、ロードカナロアの・304を上回っている。

 そこで土曜は新潟の後半からローエングリン産駒の2頭を推奨する。



【新潟11R・新潟日報賞】

 ヴゼットジョリーは一昨年の新潟2歳Sの勝ち馬。暮れの阪神ジュベナイルFでも⑤着に健闘した。

 3歳時は休み休み使っていたこともあり、成績は上がらなかったが、夏競馬になって一千万条件に2階級の降級。月岡温泉特別では上がり3Fが10秒9―10秒5―11秒4という、究極の瞬発力勝負を制した。

 父はもともと先行力を生かして重賞を4勝。それを思えば、内回りに替わるのもプラスになると思える。

【土曜新潟12R】

 2戦目で激変したオルトルート。同じ左回り、直線の長いコースのマイル戦なら。

 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  4. 4

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  5. 5

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  6. 6

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  7. 7

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  8. 8

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

  9. 9

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  10. 10

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

もっと見る