逃走男はまるで別人…48日間の変装と自転車カムフラージュ

公開日: 更新日:

「東の方角に逃げた」「いや、新宿2丁目にいるらしい」――さまざまな臆測を呼んだ樋田淳也容疑者(30)の逃亡劇は9月29日夜、山口県周南市での万引逮捕で幕を閉じた。8月12日に大阪府警富田林署から脱走して以来、48日ぶりの身柄確保である。

 これまで居所がつかめなかったのは“変装”のおかげだったようだ。大阪で盗んだ自転車であちこちを走り回っていた。

「真っ黒に日焼けして髪は丸刈り。帽子をかぶり、サングラスをかけて自転車で走ったようです。おまけにヒゲをはやし、げっそり痩せていたので、指名手配の写真と顔の印象がかなり違った。警察はサイクリング中の人をいちいち止めて職務質問しない。うまい“擬態法”でした」(捜査事情通)

 容貌の変化のほか、約3週間前に愛媛県で自転車で日本一周をしている男性(44)と知り合ったことも大きい。男性は住所不定で無職。樋田容疑者と一緒に野宿もしたが、相手が逃亡犯だとは気付かなかったと主張している。逮捕時の樋田容疑者は所持金280円で、男性もカネを持っていなかったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  5. 5

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  6. 6

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  7. 7

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  8. 8

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

  9. 9

    菅田将暉「3年A組」好調の深い意味…日テレの新看板枠に

  10. 10

    日テレが大博打 原田知世&田中圭で“2クール連続ドラマ”

もっと見る