「耳をひきちぎんぞ」と陵辱 逃走から1時間でスピード逮捕

公開日:

 捜査員たちは凶悪なレイプ犯を逃さなかった。

「耳をひきちぎんぞ」

 兵庫県三田市の公園で女性(31)を脅し、レイプしたとして同市の土木作業員、迫水修容疑者(33)が25日、強制性交の疑いで兵庫県警三田署に逮捕された。

 迫水容疑者は20日夜、同市内の飲食店で酒を飲んだ後、最終電車に乗車。同じ車両に乗り合わせた好みの女性に目をつけ、「三田の〇〇いう店で飲んどって、今帰りやねんけど」と声を掛けた。女性が「私もそのお店知ってます」と応じると、酒のニオイをプンプンさせた迫水容疑者は調子に乗ってペラペラしゃべり続けた。しばらくして電車は女性が降りる駅へ到着。すると迫水容疑者は用事もないのに女性の後を追って降車した。

 自宅へ急ぐ女性に執拗につきまとう迫水容疑者。このままでは家がバレると思った女性は、わざと遠回りをしたり、反対方向へと歩いたりと、なんとか迫水容疑者を巻こうとした。歩き始めてすでに20分近くが経過していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  8. 8

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  9. 9

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  10. 10

    銀シャリ鰻和弘が語る 父の借金で取り立て続いた少年時代

もっと見る