地下鉄サリン事件 「遺族の高橋でない生活をしたかった」

公開日: 更新日:

 1995年3月20日に起きた地下鉄サリン事件から23年。今年7月、オウム真理教元代表の麻原彰晃(本名・松本智津夫)元死刑囚ら13人の死刑が執行された。事件によって、営団地下鉄(現・東京メトロ)霞ケ関駅助役だった夫・一正さんを亡くした高橋シズヱさんは、いま何を思うのか。

「私は麻原とそれ以外の死刑囚は、死刑の重みは違うと思っています。麻原はサリンで死刑執行してほしい。それくらい憎しみが大きいです」

 死刑執行の1カ月前、高橋さんはインタビューにこう答えていた。

 彼女は23年間、議員立法による「犯罪被害者等基本法」の制定やオウム真理教の犯罪の被害者を救済する特例法などのロビー活動のために奔走した。

 地下鉄サリン事件の発生当時は、被害者制度といわれるものはなかった。テロ事件で受けた健康被害、経済的な救済は彼女たちの活動で勝ち取ったものだ。またその損害を国が立て替えて被害者に支払い、国がオウム側に請求するシステムも初めてできた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  5. 5

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  6. 6

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  7. 7

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  8. 8

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

  9. 9

    菅田将暉「3年A組」好調の深い意味…日テレの新看板枠に

  10. 10

    日テレが大博打 原田知世&田中圭で“2クール連続ドラマ”

もっと見る