ASKAや押尾学もハマった…ラブドラッグでエリート医師逮捕

公開日:

 千葉大医学部卒のエリート医師は、何の目的で「セックスドラッグ」と呼ばれるクスリを使っていたのか。

 埼玉県富士見市の「ゆうあいクリニック」院長の土地岳彦容疑者(42)が17日、合成大麻を使用したとして、麻薬取締法違反の疑いで警視庁に逮捕された。

 16日午後6時ごろ、土地容疑者は東京都新宿区内の路上で友人と待ち合わせをしていた。そこへ警察官が通りかかると、土地容疑者は途端に目をそらしたため、怪しいと思い、職務質問。土地容疑者の受け答えや態度が不自然だったため、任意同行し、署で尿検査を行ったところ、合成麻薬(MDMA)の成分が検出された。土地容疑者は調べに対し「麻薬を使用した覚えはありません」と、容疑を否認しているという。

「土地容疑者の父親も国立大医学部の出身で、山梨県でスタッフ50人ほどの大きな病院を経営しています。本人は2000年に医師免許を取得し、3年前、39歳の若さで同院を開業したやり手のドクターです。土地容疑者は内科医で、同院には他に4人の医師がいる。病院は富士見市ですが、自宅は新宿駅から徒歩10分ほどの32階建てのタワマン。24時間コンシェルジュサービスがあり、芸能人も住んでいる高級賃貸マンションです」(知人)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る