伊勢市女性記者行方不明<後編>し尿処理上の下を重機で

公開日:

 三重県の女性記者、辻出紀子さん(当時24)が失踪して20年。娘が帰ってこない不安な日々を両親はどのような心境で過ごしてきたのか。
 
母親の美千代さんは「事件が起こった直後、娘のことを思って落ち込んだり、体の調子が悪くなるということはしょっちゅうでした」と振り返る。車を運転しているときに「踏切前で車を止めて、走ってくる電車に飛び込もうか」という考えが脳裏に浮かんだこともあったという。

 事件が起こって以降、娘の捜索が生活の中心になった。交友関係の広かった紀子さんの友達を訪ねて歩いたりした。

「霊能力者に助言されて県北の神社に捜しに行ったり、し尿処理場の下を重機で掘ってもらったりしたこともありました」(美千代さん)

 1999年7月に公開捜査となってからは、「新聞や雑誌の取材に答えたり、テレビの捜索番組に出演したり、必死でした」(父親の泰晴さん)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る