• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

生活保護女性にわいせつ 再逮捕された岐阜市職員の妻は…

 受給者に「ノーブラで来て」とセクハラ発言をしていた東京都江戸川区の福祉事務所の職員に続き、またもケースワーカーがその「立場」を悪用してセクハラ行為に及んでいた。

 強制わいせつの疑いで7日、岐阜県警に再逮捕されたのは、岐阜市生活福祉1課副主査の高瀬守彦容疑者(45=愛知県稲沢市)。

 高瀬容疑者は6月14日の午後3~4時ごろ、生活保護を受給している市内の無職女性(34)宅で無理やり抱きつき、キスを迫り、手を握った。

 高瀬容疑者は昨年度から女性を担当し、生活状況を調べるため訪問していた。

 女性が7月2日、「市役所職員に抱きつかれた」と被害届を提出し、同月18日に逮捕されたが、岐阜地検は7日、処分保留で釈放。しかし、高瀬容疑者の逮捕後、報道を見た受給者2人が「私も同じような被害に遭いました」と警察に相談し、再逮捕となった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  4. 4

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  5. 5

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  6. 6

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  7. 7

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  8. 8

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

  9. 9

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  10. 10

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

もっと見る