日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

東名夫婦死亡事故 地元住民が語った“逆恨み”25歳男の素顔

 神奈川県大井町の東名高速道路で6月、大型トラックがワゴン車に追突し、夫婦が死亡、15歳と11歳の姉妹が負傷した事故。神奈川県警は10日、ワゴン車の進路をふさぎ、無理やり追い越し車線に停車させて追突事故を引き起こした自動車運転処罰法違反(過失運転致死傷)と暴行の疑いでアルバイトの石橋和歩容疑者(25=福岡県中間市)を逮捕した。

 東京・お台場からの家族旅行の帰り道の夜、静岡市の自動車整備業萩山嘉久さん(45)と妻友香さん(39)ら家族4人は一転、悲劇に襲われた。事の発端は、現場手前のパーキングエリアでのトラブルだ。

「娘さんたちの話によると、石橋容疑者が出口をふさぐように車を止めていたため、萩山さんが『邪魔だ』と注意したら、猛スピードで追いかけてきた。石橋容疑者は約1キロにわたり、友香さんが運転するワゴン車をあおり、急ブレーキをかけ、前に割り込んできて強引に停車させた。萩山さんのワゴン車のドアを開け、後部座席に座っていた萩山さんの胸ぐらをつかみ、『けんか売ってるのか。調子乗るんじゃねーよ。高速道路にお前投げてやろうか』と怒鳴り散らした。娘さんたちはお父さんが車から降ろされないよう、必死に腕をつかんでいた。萩山さんは『すみません』と謝罪を繰り返したそうですが、奥さんと一緒に車外に引きずり降ろされた。そこに大型トラックが突っ込み、死亡したとみています」(捜査事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事