日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

W不倫の男を刺殺…女が事件直後に発していた生々しい絶叫

 ダブル不倫の幕切れは惨劇だった。

 同居する男性の胸を刺し死なせたとして、警視庁神田署に10日、殺人容疑で逮捕されたのは、元中国籍で自営業の大熊成錦容疑者(33=東京・千代田区)。10日未明、千代田区のマンションで同居する会社員・黒部一正さん(45)の胸を包丁で一突きして殺害した疑いだ。

「2人ともそれぞれ配偶者と子供がいる身ですが、2年ほど前から現場のマンションで同居していた。黒部さんは住居の水回りのメンテナンスを手掛ける会社に勤めていて、大熊は孫請け会社の代表です。仕事関係で接点を持ち、交際を始めたとみられています」(捜査事情通)

 大熊容疑者は10日午前0時10分ごろ、「早く来てください。左胸を刺した」と自ら警察に通報。取り調べに「殺すつもりはなかった」と話したという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事