日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

600枚下着ドロで気になった 女性の勝負下着のお値段は?

「盗んだ下着に囲まれ、観賞して満足感を得ていた」――600枚の女性下着を盗んだ無職男は、そう供述しているというから、キモい。

 17日、窃盗の疑いで警視庁に逮捕されたのは、東京都調布市の天川伸夫容疑者(39)。

 天川容疑者は2014年7月の夜、東京都三鷹市のアパートに住んでいた女性(当時29)の部屋から、ベランダに干してあった下着2枚、計8000円相当を盗んだ疑い。

「天川容疑者宅のガサ入れで、約600枚の女性下着が押収されたそうです。天川容疑者も『3年ぐらい前から100回以上盗んだ』と容疑を認めている」(捜査事情通)

 三鷹市や調布市などでは、3年前から同様の下着ドロが600件ほど確認されているという。近隣住民が耳打ちする。

「(天川容疑者は)母親と一緒に暮らしていますが、昼間からブラブラしていたし、スクーターに乗ってちょくちょく出かけていました。近所付き合いもせず、ろくに挨拶もできない人でしたね。スクーターは警察に押収されたみたいですよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事