日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

優秀な息子までダシに…山辺節子容疑者の“腹黒”集金テク

 熊本県警に出資法違反の疑いで逮捕された「62歳貢ぎ女」山辺節子容疑者。今後は7億円に上る詐欺容疑を視野に調べが進められることになる。

 同県益城町出身の節子容疑者は高校時代から男をとっかえひっかえ。駆け落ちして父親に連れ戻されたこともあるという。そのために留年し、卒業まで4年かかった。20歳のころ、自動車関連の会社で労組の仕事をしていた男性と結婚。長男と長女を産むが、派手な男関係が原因で離婚し、熊本市内でスナックをやりながら人脈を広げていった。

「男にうつつを抜かし、子どものことなど放ったらかし。父母参観に顔を出すこともなく、いつもおばあちゃんが来ていました。そのおばあちゃんも節子容疑者がアジアに逃亡する約4年前、施設に入れられ、昨年亡くなりました」(近隣住民)

 2006年、当時51歳だった節子容疑者は町長選でウグイス嬢を務め、町議を次々誘惑しては関係を持っていたのは、19日の日刊ゲンダイで報じた通り。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事