日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

千葉女児殺害で保護者会長逮捕 通学路で「見守り活動」も

 先月26日、千葉県我孫子市の排水路脇でベトナム国籍の小学3年女児の遺体が発見された事件で、県警は松戸市の自称不動産賃貸業、渋谷恭正容疑者(46)を死体遺棄容疑で逮捕した。捜査関係者によると、現場の遺留物のDNAの型が渋谷容疑者のものと一致したという。

 渋谷容疑者は、被害者のレェ・ティ・ニャット・リンさん(9=松戸市)の通う松戸市立六実第二小学校の保護者会「二小会」の会長を昨年度、務めていて今年度も続投の意向を示していたという。また、近隣住民によると、渋谷容疑者はリンさんの通学路で見守り活動をしていた。

 さらに事件後、遺族の帰国費用の募金を呼びかけていたという。

 渋谷容疑者の自宅マンションは、リンさん宅から直線距離で300メートルほどしか離れていない。ところが、遺体発見現場は小学校から約10キロ離れた場所で、リンさんのランドセルや衣服が見つかったのは、さらに約20キロ離れた利根川の河川敷だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事