セブン・ドリーマーズ 阪根信一社長<3>無理な注文が大きなビジネスにつながる

公開日: 更新日:

 経済誌が次々に取り上げているベンチャー企業の「セブン・ドリーマーズ」。来年春には、全自動衣類折りたたみ機を発売する予定だ。

 全自動衣類折りたたみ機の開発には、経済産業省などが主催する「日本ベンチャー大賞」や「ものづくり日本大賞」が「技術革新賞」や「優秀賞」を贈っている。

 2011年に「セブン・ドリーマーズ」を創業した社長の阪根信一は、兵庫県出身、日本の大学を卒業後、米国のデラウェア大学に留学し、博士課程を修了した技術者だ。経営のイロハは、父から学んだという。

 帰国後の2000年、阪根は父親が経営する「アイ・エス・テイ」に入社した。「アイ・エス・テイ」は、取引先から依頼を受けて製品を生産していた。「アイ・エス・テイ」も、住友電工に勤務していた父親が一代で築いたベンチャー企業である。

 阪根が担当したのは、新製品の開発だった。しかし、いきなり新製品を作れと言われても、どこから手をつけていいのか分からない。阪根は父に「何をやればいいのか」と聞いてみたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  5. 5

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  6. 6

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  7. 7

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  8. 8

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

  9. 9

    菅田将暉「3年A組」好調の深い意味…日テレの新看板枠に

  10. 10

    日テレが大博打 原田知世&田中圭で“2クール連続ドラマ”

もっと見る