そごう・西武とユニーに売却説…流通大再編いよいよ始まる

公開日: 更新日:

 10日、流通再編にからむニュースが立て続けに流れた。ダイヤモンド・オンラインの「そごう・西武の売却説が急浮上」と、日経ビジネスオンラインの「ファミマ、ユニー全株をドンキに売却検討」だ。

 これに市場は反応した。ユニー・ファミリーマートHDの株価は一時、前日比970円高(プラス7.3%)と年初来高値を更新。ドンキホーテHDは前日比520円高(9.4%高)で引けた。

「ユニー・ファミマにとって、総合スーパーの切り離しは利益体質の強化につながります。買収する側のドンキは、ユニーの店舗をドンキに変えることで業績拡大が見込めます」(IMSアセットマネジメント代表の清水秀和氏)

 もっともユニー・ファミマは、「現時点で決定した事実はない」とコメントしている。

 一方、そごう・西武を傘下に置くセブン&アイHDの株価は低迷した。市場関係者は、「百貨店を売却しても、総合スーパーのイトーヨーカ堂を抱えたままでは苦戦が続く」と言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    官邸の暗躍と官僚の忖度…諸悪の起点は2015年になぜ集中

  2. 2

    生存者を無視 拉致被害者家族も見限る安倍首相の“二枚舌”

  3. 3

    米倉涼子「シカゴ」で夏不在でも "視聴率女王"安泰のワケ

  4. 4

    最高月収1200万円…オネエタレントの山咲トオルさんは今

  5. 5

    視聴率首位も視野「3年A組」は数字が評判に追いついた

  6. 6

    フジ「QUEEN」は苦戦中 竹内結子に課せられた“ウラの使命”

  7. 7

    2018年はTV出演たった4本…ゆるキャラ「ふなっしー」は今

  8. 8

    即戦力推進も…オスカープロモーションは新たな試練の時期

  9. 9

    NHK「まんぷく」でまた脚光 東風万智子に“再改名”のススメ

  10. 10

    大阪都構想“クロス選”脅し不発 松井知事に市民ドッチラケ

もっと見る