高橋乗宣
著者のコラム一覧
高橋乗宣エコノミスト

1940年広島生まれ。崇徳学園高から東京教育大(現・筑波大)に進学。1970年、同大大学院博士課程を修了。大学講師を経て、73年に三菱総合研究所に入社。主席研究員、参与、研究理事など景気予測チームの主査を長く務める。バブル崩壊後の長期デフレを的確に言い当てるなど、景気予測の実績は多数。三菱総研顧問となった2000年より明海大学大学院教授。01年から崇徳学園理事長。05年から10年まで相愛大学学長を務めた。

半分が2期連続赤字 地銀を追い込む黒田総裁は即刻辞任を

公開日:

 1年前まで「地銀の優等生」と持ち上げていた金融庁が、スルガ銀行に対し、厳しい処分に踏み切った。審査書類の改ざんが横行していたシェアハウスを含む投資用不動産融資について、新規融資を対象に6カ月間の業務停止命令を出した。

 資料改ざんを行員が黙認、あるいは関与したケースは実に1000件を超える。創業家への不透明な融資や、反社会勢力への融資も判明。融資残高の大部分で不正が疑われるという異常事態である。

 金融庁は「創業家支配のもとで、現場では厳しい業績プレッシャーやノルマで行員を圧迫し、不正行為を蔓延させる企業文化が醸成された」と認定したが、2012年と13年、17年に立ち入り検査をしておきながら、犯罪に問われかねない不正を見抜けなかった責任は重い。

 不正にまみれ、融資の焦げ付きも懸念され、信頼は地に落ちたスルガ銀行の再建は恐らく困難だろうが、経営に七転八倒している状況は、どの地銀も同じである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る