セブン・ドリーマーズ 阪根信一社長<2>13年かけて「全自動衣類折りたたみ機」完成

公開日:

 商品開発が行き詰まり、「全自動なんて夢のような折りたたみ機は作れっこない」とほとんどの技術者が辞めてしまった。それでも阪根はあきらめなかった。

 2007年には、衣類のような柔らかいモノをつかむロボット開発をしていた大学と共同研究をスタートさせた。さらに、洗濯物がなにかを確認する画像認識技術、認識した情報を学習応用する「人工知能」を結びつけることでプロトタイプを実現した。

 数々の賞を受賞したのも、全自動衣類折りたたみ機の開発が評価されたからだ。朝日新聞デジタルは「来年春、発売予定」と報じている。

「13年かかっていますが、途中でやめようとは思いませんでした。『技術的に無理だ』という周囲の声は、ほとんど無視してきました。常識にとらわれていたら、画期的な商品はできないと思います」 (つづく)

(ジャーナリスト・松崎隆司)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る