セブン・ドリーマーズ 阪根信一社長<2>13年かけて「全自動衣類折りたたみ機」完成

公開日:

 商品開発が行き詰まり、「全自動なんて夢のような折りたたみ機は作れっこない」とほとんどの技術者が辞めてしまった。それでも阪根はあきらめなかった。

 2007年には、衣類のような柔らかいモノをつかむロボット開発をしていた大学と共同研究をスタートさせた。さらに、洗濯物がなにかを確認する画像認識技術、認識した情報を学習応用する「人工知能」を結びつけることでプロトタイプを実現した。

 数々の賞を受賞したのも、全自動衣類折りたたみ機の開発が評価されたからだ。朝日新聞デジタルは「来年春、発売予定」と報じている。

「13年かかっていますが、途中でやめようとは思いませんでした。『技術的に無理だ』という周囲の声は、ほとんど無視してきました。常識にとらわれていたら、画期的な商品はできないと思います」 (つづく)

(ジャーナリスト・松崎隆司)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る