セブン・ドリーマーズ 阪根信一社長<2>13年かけて「全自動衣類折りたたみ機」完成

公開日:

「世の中にないモノ、人々の生活を豊かにするモノ、技術的にハードルが高いモノ――この3つの条件を満たす商品を開発しようと思いました。この3条件を満たせば、必ず需要があるし、他社に真似されることもないと思いました」

 阪根がこの13年間、「アイ・エス・テイ」時代から取り組んできたのが全自動衣類折りたたみ機「ランドロイド」の開発だ。洗濯、乾燥後の衣類を全自動で折りたたむことに初めて成功した。

「きっかけは、『洗濯物をたたんでくれる洗濯機があったら便利なんだけど』という妻の一言でした」

 ただ、どうやって作ればいいのか皆目、見当もつかなかったという。とりあえず、家電量販店に行き、カメラを購入することからはじめたそうだ。

 3年後、自動で衣類をたたむことができる試作機の開発に成功。しかし、シャツならシャツ、ズボンならズボンと、事前に衣類を仕分けしなければならない。シャツとズボンが交じっているとたためなかった。これでは「全自動」とは言えない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る