セブン・ドリーマーズ 阪根信一社長<2>13年かけて「全自動衣類折りたたみ機」完成

公開日: 更新日:

「世の中にないモノ、人々の生活を豊かにするモノ、技術的にハードルが高いモノ――この3つの条件を満たす商品を開発しようと思いました。この3条件を満たせば、必ず需要があるし、他社に真似されることもないと思いました」

 阪根がこの13年間、「アイ・エス・テイ」時代から取り組んできたのが全自動衣類折りたたみ機「ランドロイド」の開発だ。洗濯、乾燥後の衣類を全自動で折りたたむことに初めて成功した。

「きっかけは、『洗濯物をたたんでくれる洗濯機があったら便利なんだけど』という妻の一言でした」

 ただ、どうやって作ればいいのか皆目、見当もつかなかったという。とりあえず、家電量販店に行き、カメラを購入することからはじめたそうだ。

 3年後、自動で衣類をたたむことができる試作機の開発に成功。しかし、シャツならシャツ、ズボンならズボンと、事前に衣類を仕分けしなければならない。シャツとズボンが交じっているとたためなかった。これでは「全自動」とは言えない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中日・根尾昂が宿舎で見せた「優等生」とは違う“別の顔”

  2. 2

    小栗会に合流で…役者仲間が危ぶんだ新井浩文の素行不良

  3. 3

    小出恵介は5億3000万円…新井浩文を待つ“15億円”賠償地獄

  4. 4

    新井浩文だけじゃない 共演者の犯罪で“お蔵入り”した名作

  5. 5

    お粗末JGA マスターズ女子アマ出場枠を早とちりし大騒動に

  6. 6

    大阪都構想“クロス選”脅し不発 松井知事に市民ドッチラケ

  7. 7

    日銀もカサ上げ 消費税アップを物価に反映させる“禁じ手”

  8. 8

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  9. 9

    勝負の年は初日97位…横峯さくらスポンサーも失い引退危機

  10. 10

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

もっと見る