柴山文科相は通称“柴犬” 公募第1号の生粋の安倍チルドレン

公開日:

 改造内閣の最年少大臣だ。就任会見でいきなり、戦前・戦中の軍国主義教育に結びついた教育勅語は「現代風に解釈され、アレンジした形で、道徳などに使うことができる分野は十分にある」と発言し、物議を醸した。舌禍が心配されるひとりだ。

 愛知県名古屋市生まれ。武蔵中・高から東大法学部に進学。高校1年生の時は、映画「家族ゲーム」で人気を博した俳優の宮川一朗太と同じクラスだった。東大卒業後は住友不動産に入社したが、1年半で退職。7年かけて司法試験に合格し、2000年に司法修習53期を修了。修習生時代の同期には元大蔵官僚の長野厖士がいる。   

●公募第1号

 04年、公選法違反で逮捕された自民党・新井正則衆院議員の辞職を受け、自民初の公募で選ばれて、埼玉8区の補選で初当選。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  2. 2

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  10. 10

    キスシーンが不評 “独身貴族”佐々木蔵之介のイタい私生活

もっと見る