セブン・ドリーマーズ 阪根信一社長<1>富裕層が買うフルセット200万円ゴルフクラブ

公開日: 更新日:

 大和ハウスやパナソニックなど日本を代表する大企業から熱い視線を投げかけられているベンチャー企業の「セブン・ドリーマーズ」。大和ハウスとパナソニックは、出資している。

「セブン・ドリーマーズ」の設立は2011年。2017年に「日本ベンチャー大賞『技術革新賞』」、2018年には「ものづくり日本大賞『優秀賞』」を受賞している。有名企業が注目し、いくつも賞を受賞しているのは、高い技術力とユニークな発想が評価されているからだ。

「セブン・ドリーマーズ」の主力商品のひとつは、ゴルフのシャフトだ。1本12万円以上もするのに、飛距離や弾道が思いのままになると富裕層を中心に売れているという。

「完全オーダーメードで、売れ筋は1本18万円です。ジャンボ尾崎さんなどが使ってくれています。フルセットは約200万円。日本では直営店をはじめ、ゴルフ場や百貨店の催事場などで売っています。友人にプレゼントする人もいるようで、多い人は一人で2セット、3セットまとめて買っていかれます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小栗会に合流で…役者仲間が危ぶんだ新井浩文の素行不良

  2. 2

    中日・根尾昂が宿舎で見せた「優等生」とは違う“別の顔”

  3. 3

    小出恵介は5億3000万円…新井浩文を待つ“15億円”賠償地獄

  4. 4

    新井浩文だけじゃない 共演者の犯罪で“お蔵入り”した名作

  5. 5

    お粗末JGA マスターズ女子アマ出場枠を早とちりし大騒動に

  6. 6

    大阪都構想“クロス選”脅し不発 松井知事に市民ドッチラケ

  7. 7

    日銀もカサ上げ 消費税アップを物価に反映させる“禁じ手”

  8. 8

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  9. 9

    勝負の年は初日97位…横峯さくらスポンサーも失い引退危機

  10. 10

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

もっと見る