有森隆
著者のコラム一覧
有森隆ジャーナリスト

30年間、全国紙で経済記者を務めた。経済・産業界での豊富な人脈を生かし、精力的な取材・執筆活動を続ける。7月に「社長争奪 ―世襲・派閥・策謀」(さくら舎)を上梓。

アルパイン<上>香港のモノ言う株主が経営統合に「待った」

公開日:

 親子上場とは、親会社、子会社の両方が株式を公開していることを指す。欧米ではほとんど見られない日本独特の資本政策だ。

 親子上場の問題点は2つある。1つ目は親会社が自らの利益を優先して子会社の株主の利益を損うリスク。2つ目は投資家の資金を二重取りすることだ。

 親会社は、子会社も含めた企業価値を裏付けに上場時に資金を集めている。さらに子会社上場で再び資金を得る。「一粒で二度おいしいグリコのようだ」との辛口の評価を下すアナリストもいる。

 電子部品大手、アルプス電気(東証1部)は2017年7月27日、上場子会社でカーナビなど車載機器メーカーのアルパイン(同)を株式交換方式で完全子会社にすると発表した。アルプスはアルパインの株式の40・43%を保有する親会社。既存株主が保有するアルパイン株1株に対しアルプス株0・68株を割り当てる。19年1月1日に完全子会社とし、アルパインは18年末に上場廃止となる。アルプス電気は持ち株会社体制に移行し、19年4月1日にアルプスホールディングス(HD)に商号変更。アルプスHDの傘下に、電子部品の新アルプス電気、車載情報機器のアルパイン、物流会社のアルプス物流を置く。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る