ゴールデン街の写真集を上梓 佐々木美智子さんが抱く懸念

公開日:

 私はむささびを開く前に日活撮影所で編集の仕事をしていました。その時の仲間とか、作家の船戸与一とか舞踏家の麿赤兒……。約300人の顔を写し、思い出を書きました。それに若松孝二と一緒にパレスチナに渡り、日本赤軍に合流して逮捕された足立正生、写真家の森山大道、ピアニストの山下洋輔なんかがコメントを寄せている。そんな構成です。

  ――写真はほとんど顔のドアップですね。なぜそういうアングルなんですか。

 本当の顔が見えるから。人が写真を見るときの視線って、ついメガネや髪形にいってしまうもの。アップにすることで、その人の本当の顔を写真に切り取るんです。それを現像すると「ああ、この人は恋をしているな」とか「表情には出さないけれど、心の内に悲しみを抱えているな」なんてことがわかる。あの本を出してからもお客さんの顔を撮り続けていますよ。もう200人くらいになったかしら。それをまとめてまた一冊にしようと思っています。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る