ゴールデン街の写真集を上梓 佐々木美智子さんが抱く懸念

公開日: 更新日:

  ――五輪の開催には反対ということですか。

 誤解がないように言っておきたいのだけれど、スポーツは好きです。精神がすばらしい。でも五輪というイベントを契機に、社会的弱者を排除しようとしている気がしてならない。それで都知事に直談判をしたのです。それに五輪には莫大なおカネがかかるでしょ。もっとおカネを使うべき先はあると思う。

  ――訪日外国人が増えて、ゴールデン街は今や人気スポット。なくなるなんてことがあるんですかね。

 確かに今のゴールデン街は外国人で賑わっています。でも東日本大震災の時に外国人はパッといなくなりました。再び天災があったり、有事があったりすれば、同じことが起きるでしょう。いまは人気スポットかもしれないけれど、あっという間に寂れちゃうわよ。そもそもゴールデン街の建物なんて違法建築だらけでしょ。サッカーコートよりも少し狭いぐらいの区画だし、取り壊して再開発するなんてことが起きる可能性はいくらでもある。むささびには全共闘の人間や役者、フリーライターなんかがやって来た。1本のボトルを何人かで入れて、それをみんなで飲んで。そんなところで隣に座った見知らぬ人との話が始まって、そのうち打ち解けて……。そういう雰囲気がゴールデン街の良さだった。今、ここには訪日外国人がたくさんやって来るけれど、物珍しい風情の一角を見て楽しむために来るのであって、そこから新しい人間関係ができるとは考えにくい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  2. 2

    風間俊介は3歳児の父 ジャニーズ“結婚&子持ち”NGの境界線

  3. 3

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  4. 4

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  5. 5

    嵐に燻り続けてきた“プロパーvs外様”メンバーの確執と暗闘

  6. 6

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  7. 7

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  8. 8

    背水から逆転の山下智久&木村拓哉 1本の映画が2人を変えた

  9. 9

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  10. 10

    好調な映画そっちのけ…キムタクの雑な“白髪染め”が話題に

もっと見る