ゴールデン街の写真集を上梓 佐々木美智子さんが抱く懸念

公開日:

外国人客で賑わっても人間関係は生まれない

  ――ゴールデン街がなくなるなんて話があるんですか。

 あり得ると思っています。事実、前の五輪の時にゴールデン街は姿を変えました。売春防止法が施行された後、東京で五輪があるということになって、このあたりで働いていた人はどんどん追い出された。五輪は戦後の高度成長を体現したイベントという光の部分ばかりが強調されるけれど、陰もあったんですよ。

  ――もう少し詳しく教えてください。

 ゴールデン街は闇市の跡に立った間口が2~3メートルくらいのバラックが林立したところ。そこで非公認の売春が行われていた。このバラックはそれぞれ別個に立っているけれど、3階がつながっているという不思議な構造だったのね。そこで警察の手入れが始まると売春婦もお客も3階に上がって、端っこの店まで逃げたもんです。そんなことをして生活の糧を得ていた人たちは、みんな人柄が良かったけれど、いなくなった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る