ゴールデン街の写真集を上梓 佐々木美智子さんが抱く懸念

公開日:

 ――半世紀前に始めた「むささび」は3年で閉店。その後、スペインやブラジル、伊豆諸島の大島などでの生活を経て、4年前にゴールデン街で「ひしょう」を始めた経緯を教えてください。

 生まれ故郷の北海道から東京に出てきて、日大全共闘にのめり込んだんですよ。34歳の時です。運動に参加していた学生が集まるところもなかったから1968年に「むささび」を始めました。でも70年安保闘争が終わって、ひとつの区切りを迎えたので、お店を閉めることにしたんですよ。継いだのが長谷百合子さん。その後、1990年の総選挙で旧日本社会党から立候補して、「マドンナブーム」に乗って当選した人です。長谷さんはむささびが飛ぶという意味を込めて「ひしょう(飛翔)」という店名にした。長谷さんは衆議院議員を1期務めただけだったけれど、その後も「ひしょう」を続けました。そのうちお店に出続ける体調ではなくなってきたということで、私に連絡があった。それで私が「ひしょう」を継いだのです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る