第一生命<下>47都道府県のすべてと提携…市場縮小対策で

公開日:

 生命保険業界の前途が厳しい。生保の商品は長期契約が大半のため、業績が急激に変化することはない。しかし、人口減少と若者の生保離れを考えると、安閑としていられない。

 この状況から脱却するため、大手生保の多くは海外へ活路を求めている。第一生命の場合、東南アジアのマーケットにターゲットを定め、種まきを行っている。現段階では収益性に乏しいが、いずれ日本国内や欧米マーケットは成熟化する。その時に、収益の柱に育つことを期待してのものだ。

 また、欧米では資産管理会社を買収、資産運用による収益拡大を目指していく。

 問題は国内だ。前述の市場縮小以外にも、以前のようには顧客との接点が持てなくなっている。

「少し前まで、職場に生保の営業社員が入り込むことができた。そこで保険金を集めたり、未加入者を勧誘するのは日常的な風景でした。ところが今、そんなことを許す職場はありません。家庭でも共働きが増えたため、留守宅ばかり。顧客と会うことが難しくなっています」(大手生保の営業担当役員)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  9. 9

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る