第一生命<下>47都道府県のすべてと提携…市場縮小対策で

公開日:

 生命保険業界の前途が厳しい。生保の商品は長期契約が大半のため、業績が急激に変化することはない。しかし、人口減少と若者の生保離れを考えると、安閑としていられない。

 この状況から脱却するため、大手生保の多くは海外へ活路を求めている。第一生命の場合、東南アジアのマーケットにターゲットを定め、種まきを行っている。現段階では収益性に乏しいが、いずれ日本国内や欧米マーケットは成熟化する。その時に、収益の柱に育つことを期待してのものだ。

 また、欧米では資産管理会社を買収、資産運用による収益拡大を目指していく。

 問題は国内だ。前述の市場縮小以外にも、以前のようには顧客との接点が持てなくなっている。

「少し前まで、職場に生保の営業社員が入り込むことができた。そこで保険金を集めたり、未加入者を勧誘するのは日常的な風景でした。ところが今、そんなことを許す職場はありません。家庭でも共働きが増えたため、留守宅ばかり。顧客と会うことが難しくなっています」(大手生保の営業担当役員)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る