がん研究は門外漢 本庶佑氏は“素人の突破力”でノーベル賞

公開日: 更新日:

 今年のノーベル医学・生理学賞の受賞者に京大特別教授の本庶佑(76)が選ばれた。

 がん治療に「第4の道」を開いた衝撃の新薬に結実した研究成果が受賞の理由だが、本庶氏はがん研究の門外漢。いわば“素人”ががん治療に革命をもたらしたのだ。

 本庶氏の成果は、がん免疫治療薬「オプジーボ」につながった。森喜朗元首相の肺がん進行を抑えたことで知られる。正常な細胞を傷つけず、あらゆるがんに対応できる“奇跡の薬”を生み出したのは本庶氏の逆転の発想だ。

 従来の「がんの免疫治療」は、人間が本来持つ免疫細胞の攻撃力を活性化させ、がんを撃退する方法を模索したが、免疫強化にとらわれて、100年間うまくいかなかった。本庶氏の研究グループが着目したのは、免疫細胞のブレーキ役の分子「PD―1」だ。この分子の役割を発見し、この働きを抑え、がんへの攻撃を続けさせる新たな治療薬を小野薬品工業に提案した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中日・根尾昂が宿舎で見せた「優等生」とは違う“別の顔”

  2. 2

    小栗会に合流で…役者仲間が危ぶんだ新井浩文の素行不良

  3. 3

    小出恵介は5億3000万円…新井浩文を待つ“15億円”賠償地獄

  4. 4

    新井浩文だけじゃない 共演者の犯罪で“お蔵入り”した名作

  5. 5

    お粗末JGA マスターズ女子アマ出場枠を早とちりし大騒動に

  6. 6

    大阪都構想“クロス選”脅し不発 松井知事に市民ドッチラケ

  7. 7

    日銀もカサ上げ 消費税アップを物価に反映させる“禁じ手”

  8. 8

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  9. 9

    勝負の年は初日97位…横峯さくらスポンサーも失い引退危機

  10. 10

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

もっと見る