67億円流出…仮想通貨交換テックビューロは“フダツキ”業者

公開日: 更新日:

 金融庁の登録業者だった仮想通貨交換業者「テックビューロ」(大阪市)が、70億円相当の仮想通貨を流出させた問題。今後、金融庁が立ち入り検査を行い、処分を検討していくという。1月にコインチェックの巨額流出事件が起きたばかりなだけに、「またか」と思う人も多いだろう。一体どんな会社なのか。

 大阪市内の商業ビルの約36平方メートルの一室に本社を置く。日刊ゲンダイが電話で取材すると、「対応は全てメールで」と回答した。メールで質問書を送り、あらためて電話で確認すると「担当部署とフロアが異なるため確認ができない」と答えたのだが、会社案内や登記簿で確認する限り、オフィスのフロアは「複数」も存在しない。1日以上経って戻ってきた回答もほとんどが「調査中」。流出が発生した場合の補償制度も全く考えていなかったようだ。

 この会社は今年の2月にもシステム障害で問題を起こしていた。ビットコインの売買価格を「0円」と表示し、2200兆円分のビットコインが売り出されるという事態を引き起こしていたのだ。金融庁から2度も業務改善命令を受けていて、登録業者のなかでも“フダツキ”だったらしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  5. 5

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  6. 6

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  7. 7

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  8. 8

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

  9. 9

    菅田将暉「3年A組」好調の深い意味…日テレの新看板枠に

  10. 10

    日テレが大博打 原田知世&田中圭で“2クール連続ドラマ”

もっと見る