募集できるのか…東京五輪ボランティアに交通費1日1000円

公開日:

 2020年東京オリンピック・パラリンピックの組織委員会が18日、有識者らによる検討委員会を開き、8万人の募集を予定する大会ボランティアに対し、交通費相当額として1日当たり1000円を支給することを決めた。

 支給方法は現金ではなく、大会オリジナルデザインのプリペイドカードを想定。検討委の清家篤座長(前慶応義塾長)は「予算制約の中、最大限出せる金額」と評価したという。

 “やりがい搾取”などと批判を浴びる大会ボランティアを巡っては、組織委は「1日8時間程度、10日間以上の活動が基本」といった応募条件を掲げている。組織委が募集する大会ボランティアとは別に、東京都が独自に約3万人を募る都市ボランティアへの支給については、今後検討するという。これでどれだけのボランティアが集まるというのか……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る