募集できるのか…東京五輪ボランティアに交通費1日1000円

公開日:

 2020年東京オリンピック・パラリンピックの組織委員会が18日、有識者らによる検討委員会を開き、8万人の募集を予定する大会ボランティアに対し、交通費相当額として1日当たり1000円を支給することを決めた。

 支給方法は現金ではなく、大会オリジナルデザインのプリペイドカードを想定。検討委の清家篤座長(前慶応義塾長)は「予算制約の中、最大限出せる金額」と評価したという。

 “やりがい搾取”などと批判を浴びる大会ボランティアを巡っては、組織委は「1日8時間程度、10日間以上の活動が基本」といった応募条件を掲げている。組織委が募集する大会ボランティアとは別に、東京都が独自に約3万人を募る都市ボランティアへの支給については、今後検討するという。これでどれだけのボランティアが集まるというのか……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  7. 7

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  8. 8

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  9. 9

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る