協和発酵キリン 宮本昌志社長<1>医学部の学生を見て驚く

公開日:

 長野県北東部の飯山市は、日本でも有数の豪雪地帯だ。現在の人口は2万人強。大きな産業はなく、住民の高齢化と過疎化が確実に進んでいる。それでも、温泉と斑尾高原などのスキー場で知られ、また作家の丸山健二や作家で元東京都知事の猪瀬直樹らの出身地である。

「大正9(1920)年生まれの父は地元の農協に勤務していましたが、体が弱かった。暮らし向きは貧しく、自宅は親戚が隠居家として持っていた昔の水車小屋でしたから、地域の鎮守よりも山奥にありましたね」

 協和発酵キリン社長の宮本昌志は1959年、市北部の栄村と隣接する地区に生まれた。子供の頃から勉強がよくできて、村内では“神童”とも称された。中学ではバレー部に所属してセッターで活躍。高校は学区の関係から飯山北高校(現在は飯山高校)へ。大都市とは違い、塾などはなく、最初の大学受験は失敗する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る