大規模停電、インフラ壊滅…震度7の北海道は復旧長期化

公開日: 更新日:

 6日午前3時8分ごろ、北海道の胆振地方中東部を震源とする地震があり、安平町で震度6強の揺れを観測。気象庁は午後になって、厚真町鹿沼で震度7を観測していたと発表した。

 気象庁によると、震源の深さは37キロで、地震の規模(マグニチュード)は6・7と推定。道内は各地でインフラ被害が発生し、市民生活に甚大な影響が出た。余震とみられる地震も相次ぎ、気象庁が警戒を呼び掛けている。北海道で震度7を記録したのは史上初めて。

 警察や消防には土砂崩れや家屋倒壊、火災などの通報が続々と寄せられ、道内の全約295万戸で停電。その後、一部地域では解消されたが、札幌市中心部でも大規模な停電が発生し、札幌市内では電話の不通やテレビ放送が受信できないなどの被害が出た。揺れの大きかった厚真町では大規模な土砂崩れが発生。町内の道路は一部、液状化した。浦臼町と雨竜町で断水、厚真町や安平町で住民が生き埋めになり、救助活動が続いている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  5. 5

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  6. 6

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  7. 7

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  8. 8

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

  9. 9

    菅田将暉「3年A組」好調の深い意味…日テレの新看板枠に

  10. 10

    日テレが大博打 原田知世&田中圭で“2クール連続ドラマ”

もっと見る