溝口敦
著者のコラム一覧
溝口敦ノンフィクション作家、ジャーナリスト

1942年7月5日生まれ。早大政経卒 徳間書店、博報堂勤務を経て、フリージャーリストに。暴力団や闇の世界に深く食い込んだド迫力ルポには定評がある。『食肉の帝王』で第25回講談社ノンフィクション賞受賞、日本ジャーナリスト会議賞受賞。『暴力団』(2011年)がベストセラーに。

山口組3派統合の前に 神戸と任侠の同盟などさまざまな動き

公開日:

 山口組3派の再統合話は今のところ停滞しているが、これで打ちきりになったわけではない。9月中旬以降、仕切り直しの話し合いが始まり、早ければ9月中にもおおよそ新3派相関図が描けそうだ。

 話し合いは6代目山口組と任侠山口組の間だけではなく、神戸山口組と任侠との間でも行われる。神戸山口組に任侠の勢力をプラスできれば、神戸、尼崎、大阪、播州(姫路には6代目山口組系の竹中組が存在するが)など阪神地域を一色に染め上げ、6代目山口組系勢力を排除できる。

 つまり、しっかり西を握れれば名古屋以東の6代目山口組にとりあえず対抗できる。それができなければ、神戸はジリ貧になり、6代目と任侠の草刈り場、ただ沈んでいくしかない、と神戸の良識派は考えている。

 7月27日、神戸の執行部会で任侠との再統合を発議したのは、太田守正舎弟頭補佐だったという。彼はもともと山健組の流れをくむ古参だが、その太田があえて任侠との再統合を主張した。つまり「打ち出し力」として、山健組を継いだばかりの中田広志組長では不十分、と主張したに等しい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る