スルガに大林組 慶応評議員選に不祥事企業トップ次々出馬

公開日:

「現役学生の集団レイプが発覚した際、慶応のトップは謝罪会見を開いたか? 学生が不祥事を起こすたび、トップが頭を下げる必要はない」――。日大の田中英寿理事長は周囲にそう吹聴しているという。アメフト部の悪質タックル問題以降、一度も公の場に出てこないのは慶応を見習っているというわけだが、日大のドンの“悪い手本”となっている慶応で、新たに非常識な動きだ。

 先週末、約29万人のOBのもとに4年に1度の「評議員選挙」の知らせと投票用紙、立候補者一覧が届いた。

 評議員101人のうち、30人の卒業生評議員はOBの直接投票で選ぶ。候補56人には日清食品の安藤宏基社長、サントリーの佐治信忠会長、東京海上HDの永野毅CEOら大企業トップの他、麻生財務相の弟で麻生セメントの泰会長、自民党の高村副総裁の長男・正大衆院議員と政治色の濃い面々も居並ぶ中、場違いな名が交じっていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る