銀座セカンドライフ 片桐実央社長<4>強み生かしてたどりついた起業支援

公開日:

 なかなか事業内容を決められなかった片桐が、“シニアの起業支援”というキーワードにたどりついたのは、起業の3カ月前、SWOT分析(強み・弱み・機会・脅威の4つの軸から評価する手法)に取り組んだおかげだった。

 強みは、人見知りをしない性格であるため、初対面の人とも事業の込み入った話ができること、おばあちゃんっ子であるため、シニアが好きであること。さらには、行政書士とファイナンシャルプランナーの資格を持っていることだ。

 外部環境を分析すると、平均寿命が延びたことで生涯現役を考えている人が増え、ニーズがあると感じた。

 起業支援なら、花王時代の経験が生かせるとも思った。

「花王で起業に関する仕事をしていたわけではないのですが、新商品を世に送り出す際の商品の表示や販売方法、宣伝の仕方などさまざまの部署からの法的な相談に乗っていたので、そういう面では共通するものがありますし、個別相談なら自分でもできる自信もありました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  5. 5

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  6. 6

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

  7. 7

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  8. 8

    冬巡業も数日間のみ 稀勢の里は1月場所休場ならジ・エンド

  9. 9

    46歳アンナが心配で…引退報道を一蹴した梅宮辰夫の胸の内

  10. 10

    菊池雄星争奪戦 カネ以外のポイントは球場内の環境にあり

もっと見る