銀座セカンドライフ 片桐実央社長<3>起業に向かい一心不乱

公開日:

 シニアのセカンドライフの支援をする事業を起こしたい。

 明確な目標ができると、片桐はそれに向かって突っ走っていく。

 大和証券SMBCを転職先に選んだのは、会計をもっと実践的に学びたいという起業準備の意味合いがあった。

 配属先は、引受審査部だった。

「上場しようとする企業の最後の関門ともいえる部署です。数値的な審査が多いのですけれども、法的な審査を強化しようということで採用してもらえました」

 証券会社に勤務する傍ら、行政書士とファイナンシャルプランナーの資格取得を目指して勉強を続けた。

「資格くらいないと、この年齢で起業をしても、誰にも話を聞いてもらえないんじゃないかと思ったのです。ファイナンシャルプランナーは、会計のすごく効果的な勉強ができることもあり、どうせなら両方の資格を取ろうと自らハードルを上げました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る