東京医科大が3浪受験生“排除” 他大学でも門前払いなのか?

公開日:

 女子の合格者数を抑制していたことで批判を浴びている東京医大に新たな問題が発覚した。3浪以上の男子受験生の合格者数を恣意的に抑えていたというのだ。

 目的は大学のブランド力を高めるためだった。同大では過去において、現役で合格した学生の94.6%が留年せずに卒業し、全員が医師国家試験に一発で合格した。一方、留年せずに卒業した浪人生は81.8%と現役合格組に比べて低く、医師国家試験に合格できなかった人も数%いたという。3浪の学生はデキが悪いので受験段階で数を絞り、「優秀な大学」のイメージを高めようとしているわけだ。

 こうしたことは他の私大医学部でも行われているのか。

「よく聞く話です」とは都内の医療関係者だ。

「かなり前から暗黙裏に行われているようです。もともとは国から私立大学に支給される助成金が原因でした。医師国家試験の合格率が著しく低いと、助成金を減額されてしまう。だから少しでも優秀な男子を優先してきたのです。今ごろ他の大学の担当者は『バレたらどうしよう?』とドキドキしてるでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  4. 4

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る