溝口敦
著者のコラム一覧
溝口敦ノンフィクション作家、ジャーナリスト

1942年7月5日生まれ。早大政経卒 徳間書店、博報堂勤務を経て、フリージャーリストに。暴力団や闇の世界に深く食い込んだド迫力ルポには定評がある。『食肉の帝王』で第25回講談社ノンフィクション賞受賞、日本ジャーナリスト会議賞受賞。『暴力団』(2011年)がベストセラーに。

高山若頭の出所が期限 「6代目山口組」に新たな内紛の動き

公開日:

 3派に分裂した山口組の中で主流といえば6代目山口組(司忍組長)だろうが、最近、新たな内紛につながりかねない動きが始まった。

 テーマは、誰がどう分裂騒ぎに決着をつけるかである。来年10月ごろ、高山清司若頭が懲役を終え、東京・府中刑務所を出所する。高山若頭が分裂騒ぎに決着をつけられるとは思えないが、もし高山若頭が決着をつけられたならば、司組長は「無能の組長」として引退し、高山若頭に7代目組長を譲らざるを得ない。

 そうでなくても、高山若頭は4000万円恐喝事件で最高裁に上告しながら、急に上告を取り下げ、あっさり服役した経緯がある。わざわざ上告を取り下げた理由は何か。さっさと服役をすませ、出所後、司組長から組長の座を禅譲するという約束を取り付けたからとみる向きが多い。

 しかし、山口組の組長は終身が原則である。しかも高山若頭は司組長より5歳若いとはいえ、脊椎の病気で背が曲がり、自立歩行さえおぼつかない。余命もおそらく司組長の方が長いだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  10. 10

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

もっと見る