列車飛び込みをネットで公開…「自殺動画」は新たな遺書か

公開日: 更新日:

 先月28日、札幌市内のJR函館線苗穂駅で特急列車に飛び込んで死亡した男女2人が、自殺の様子を動画で撮影し、インターネット上で公開していたとみられることが分かった。スマホを固定し、撮影した可能性があるという。

 同月上旬にも、奈良県大和郡山市の近鉄郡山駅で、女子高生が特急電車にはねられる瞬間の動画がYouTubeなどで拡散している。衝撃的な映像はネット上で物議をかもした。これらの動画を自分の意思で撮っていたのなら、それはなぜなのか。

「自殺は、自分で死んだことを第三者から確かめられなければ、自殺と認められなかったりします。そのため、確たる証拠を残したいという心理が働くのではないか」

 こう分析するのは、明大講師の関修氏(心理学)である。そもそも自殺はひとりで行うものだ。ほう助する“共犯者”は別として、だれかがそばにいれば、引き留められるだろう。だとすれば、目撃者はいないことになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  5. 5

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  6. 6

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  7. 7

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

  8. 8

    3月の侍J入りも辞退 巨人に“丸効果”ジワリで指揮官も賛辞

  9. 9

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  10. 10

    菅田将暉「3年A組」好調の深い意味…日テレの新看板枠に

もっと見る