列車飛び込みをネットで公開…「自殺動画」は新たな遺書か

公開日:

 先月28日、札幌市内のJR函館線苗穂駅で特急列車に飛び込んで死亡した男女2人が、自殺の様子を動画で撮影し、インターネット上で公開していたとみられることが分かった。スマホを固定し、撮影した可能性があるという。

 同月上旬にも、奈良県大和郡山市の近鉄郡山駅で、女子高生が特急電車にはねられる瞬間の動画がYouTubeなどで拡散している。衝撃的な映像はネット上で物議をかもした。これらの動画を自分の意思で撮っていたのなら、それはなぜなのか。

「自殺は、自分で死んだことを第三者から確かめられなければ、自殺と認められなかったりします。そのため、確たる証拠を残したいという心理が働くのではないか」

 こう分析するのは、明大講師の関修氏(心理学)である。そもそも自殺はひとりで行うものだ。ほう助する“共犯者”は別として、だれかがそばにいれば、引き留められるだろう。だとすれば、目撃者はいないことになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  2. 2

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  10. 10

    キスシーンが不評 “独身貴族”佐々木蔵之介のイタい私生活

もっと見る