日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

PAC3も配備 米朝緊迫で国民の不安煽る安倍政権の罪深さ

 韓国政府が米朝双方に対して緩和を働きかけているのとは対照的に、安倍首相は「さらなる行動を取っていかなければならないとの認識でトランプ大統領と完全に一致」とかイキリ立っているのだから、正気の沙汰ではない。「さらなる行動」って何なのか。支持率と対米従属のためには、国土や国民を危機にさらすこともいとわないというのなら、あまりに無責任だ。

 こういう政権が憲法解釈を変え、安保法を整備したことの意味をあらためて考える必要がある。安倍政権存続なら参戦は不可避だ。安倍政権か平和か――。この2択が今、国民に突きつけられている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事