日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

潮目一変…トランプ相場崩壊で日経平均2500円下落の悪夢

 株式市場に動揺が広がっている。日経平均は2万円まで「あと1円51銭」(16日)まで迫ったものの、その後失速し、一度も2万円に到達することなく大幅下落した。18日は一時、前日比で360円値下がりし、1万9500円の節目を割り込んだ。

「いったんは2万円にタッチすると信じていたのですが、怪しくなってきました。むしろ、このままズルズルと下がり続けるリスクは高まっています」(市場関係者)

 トランプ大統領とロシアに関する「ロシアゲート」疑惑が最大の悪材料だ。トランプの弾劾も懸念され、NYダウは暴落。為替相場はドル安・円高が猛烈に進み、18日は約3週間ぶりに1ドル=110円台の水準となった。

「18日は国内GDPが公表され、年率換算で2.2%増でしたが、株価は大幅下落でした。相場は、好材料に反応しなくなっています。潮目が変わったのです」(株式評論家の倉多慎之助氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事