日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

市場は外部招聘を要望 東芝“次期トップ”の意外な有力候補

 誰がふさわしいのか――。こんな囁きが株式市場で聞かれるようになってきた。

「東芝の次期社長を巡る臆測です。監査法人のお墨付きを得られないまま決算発表(2017年3月期の第3四半期)を強行するなどもってのほか。新興企業ならいざ知らず、日本を代表する大企業が市場の信頼を裏切る“禁じ手”に打って出た。投資家は東芝の綱川智社長への不信感をいっそう募らせています」(市場関係者)

 13日、東芝は監査法人を交代させる検討に入った。不正会計問題を受け、16年に新日本監査法人からPwCあらたに交代したばかりだけに、ご都合主義との批判を受けかねない。

■監査法人より社長交代が先決

「監査法人を交代させるより、経営トップをかえるのが先決でしょう。綱川社長は東芝では主流といえない医療部門の出身です。不正会計問題が発覚しなかったら、社長には就いていなかったはずです。しかも16年6月の就任以降、東芝の迷走は深まるばかり。この際、潔く辞任し、後任に再建を託すべきです。次期社長は外部から招聘するしかないでしょう」(株式評論家の倉多慎之助氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事