• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

米が北に潜水艦部隊派遣へ ビンラディン殺害の特殊部隊か

 トランプがいよいよ金正恩の斬首作戦に着手!?――米国のトランプ大統領が12日に放送されたFOXテレビのインタビューで「我々には潜水艦もある。空母より強力だ」と語り、朝鮮半島に向けて航行中の原子力空母カール・ビンソンに加えて、北朝鮮近海に潜水艦部隊を派遣する用意があることを明らかにした。

 潜水艦部隊は、敵の地上部隊への攻撃のほか、国際テロ組織アルカイダの首領ウサマ・ビンラディンをパキスタンで急襲し殺害したSEALSなど、米海軍の特殊部隊を敵地に潜入させる能力を持つ。今月9日には米海軍の特殊部隊支援船C・チャンピオンが沖縄の那覇軍港に入港し、翌10日に出港しているだけに不気味だ。

 トランプは潜水艦部隊を朝鮮半島近海に展開することで、北朝鮮への軍事的圧力を強めるとともに、いざとなった場合にSEALSを平壌に送り込み、金正恩を暗殺するオプションも手にすることになる。

 金正恩はウサマ・ビンラディンと同じ運命をたどることになるのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  2. 2

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  3. 3

    熊本では逮捕されたが…大阪北部地震でも現れた「愉快犯」

  4. 4

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  5. 5

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  6. 6

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  7. 7

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  8. 8

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  9. 9

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  10. 10

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

もっと見る